海神ネプトゥヌスと青い十手

アニメとかガンダムとか好きなこと書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人生という冒険は続く」 スタードライバーTHE MOVIE感想

スタドラパンフレット

13日水曜日に中洲大洋でスタドラの映画を見てきました
上映時間2時間半は長かったです・・・!
大洋劇場の2番スクリーンの椅子もちょっと硬めだし結構体力を使いました
でも本来スタドラは体力を消耗しながら見るアニメだったので(?)当時を思い出しながら見れました

グッズはパンフレットを買いました
1200円と割高でしたがインタビューや脚本の榎戸さん、メカデザインのコヤマさんのコメントの入ったキャラクターやサイバディの設定画も載っていてかなり満足できました


追記からネタバレ込みの感想です


まず僕のスタドラ知識について説明しておきますが
長年、私という人物を見ている人は、この作品に対する私の思い入れはご存じのところかと思います
放送前と放送後の掌の返しようはまさに三国志に登場する呂布そのものでした
いつ信用を失ってもおかしくありません

その話はともかく、リアルタイムでの視聴は、私が高校3年生の時ということもありかなり難しい方でした
それでも、卒業が近くなると暇な時間になり、終盤は欠かさず視聴できていました
なので見れなかった話も多く、総集編の本作で改めて見直し、知識を補強できたことになりました

さて、本題ですが、いろいろと不明な部分を残したままTV放送を終了した本作ですが
以前から公表してるように今作は総集編の映画化です
なので副部長の正体とかそういうところは明かされませんでした
それに尺の都合でどうしようも無いんですがバニシングエージのあの3人
それと僕のお気に入りのニードル、ウィンドウスター姉妹の存在は端折られていました
さらに予告映像でに出てきた新宿での戦闘も冒頭だけでなんかちっこいザメク出てきて・・・
ちょっと謎増えてんよー!!

その割には日死の巫女・ミズノの話が長かったり(個人的にはこの部分は見逃してたしマリノの正体も理解できなかっただけに今回の編集で助かりましたが(笑))
それにホラーだしそんなに時間割く必要あったかなーとおもいました

しかし、この映画を通して新たに印象を変えたシーンがあります
リアルタイムの最終回で僕の中で話題になったワコちゃんの「イケメン2人のうちどっちかなんて決められへんわ」という内容の独白です
放送時は「なんじゃそりゃ!!」と思って深く考えずにおいておきましたが
再びあの台詞を聞いてこう思うようになりました

この「スタドラ」の世界ならその台詞でいいんだ!
どういうことかと言うとこの「スタドラ」は放送開始から「何じゃそりゃ!!」の連続でした
「銀河美少年」も「アプリボワゼ」も「リビドー」の話も全部「何じゃそりゃ!!」と私たちは突っ込んできました
そして最後の「何じゃそりゃ!!」があのワコちゃんの台詞なのです!
スタドラの世界ならその台詞が良かったんだ!

まとめ
今回何より目を引いたのは総集編で、全編描き直しというわけでは無いのに
アニメの絵がスクリーンサイズに負けていなかったことです
やはりスタドラは絵も台詞もすごかった
ただ、そのすごい絵や台詞、言ってしまうと現実から乖離しすぎた映像が2時間半も続くといくら20代の僕でも体力が持ちません・・・
まるですごく甘くて美味しいケーキをずっと食べてるようなそんな気分になります

そこであると嬉しいのが、苦いコーヒーやお茶ですね!
そうやってスタドラのような濃い味付けのアニメを見たなら、違うベクトルの濃い味付けのアニメを見てバランスを取りましょう!

アニメなのに現実の話ばっかのじょしらくのBパートとかね!


おすすめ商品
じょしらく 1(期間限定版) [Blu-ray]じょしらく 1(期間限定版) [Blu-ray]
(2012/09/26)
佐倉綾音、山本希望 他

商品詳細を見る

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aoijitte.blog37.fc2.com/tb.php/984-6e02c79e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。