海神ネプトゥヌスと青い十手

アニメとかガンダムとか好きなこと書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君は本当にあの島村ジョーなのか

009チケット
今日は補講日でしたがその1コマ以外は何も予定が無かったので前から気になってた009 RE:CYBORGを観に行きました
パンフレットが完売したとのことで買えませんでしたガッデム!
ざっくりした感想を言うと、003ことフランソワーズ・アルヌールがえっろえろでした
もう本当にえっろえろでした
全編3DCGだからと言ってなめてたぜ!興奮してしまったぜ!
神山監督作品ってことで言えば攻殻機動隊SACのSSSに似てたかなー?
そんな感じがしました

全編3Dモデリングの映像に特に文句は無いのですがこのコラボCMみたいな手描きで動くアニメも見てみたかったですねー
やっぱ2Dなりにかっこいい表現ってできると思う



明日から通常授業に戻ります
キエー、俺も加速装置で学校を吹き飛ばしたいぜ

追記から009の踏み込んだ感想に入ります
それでは


最初に私の009遍歴を紹介しておきます
私にとっての009は2001年の櫻井版009が最初で最後でした
まあ世代だから当然っちゃ当然ですが
まず最初に櫻井版があって、そこからアニマックスでちらちらその再放送を見ていたので
どのキャラが何人で何という名前でどんな能力を持っているか程度の知識は観賞前に有しておりました
その前提から感想を書きたいと思います

さて、ここからが感想ですが・・・神山健治よ!それでいいのかーッ!!?
私の感想はこれに尽きます
現代風にリファインされたキャラクターデザインにもキャスト陣にも3D映像にも文句はありませんが・・・
あんなに大々的なタイアップをしておいてスッキリしない終わり方は何じゃソリャー!

今年僕が見た映画の中でのBESTスッキリする終わり方で賞をアベンジャーズが受賞したとするなら
この009はその対極に位置するような映画です
こういう終わり方が許されるのは全盛期の押井守くらいでしょう

彼の声って・・・つまりどういうことだってばよ・・・
天使の化石の正体って何ー!?
ともかく不完全燃焼に感じました
特に008が不憫でなりません
水くらい浸からせてあげてーな神山さん
彼以外のアクションシーンはバッチリだったのにねえ・・・

こんな不十分な要素がぽろぽろ出てくる映画でも、フランソワーズ・アルヌールの肉体ですべてが良かったことになる作品も珍しいでしょう、100点!!

こんだけ言ってますがやっぱりアクションシーンはよくできてました
空中戦は映画館で見る用のシーンですなあ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/11/12(月) 12:24:32 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

008なんてウロチョロしたと思ったらいきなり消えて最後にポっと出てきた感

話が結構難しかったよね
終わった後「ん?映像すごかったけど結局何が言いたかったの?」ってなる

まぁ僕は上映後の舞台挨拶のちわちわで全部許された!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

  • 2012/11/14(水) 22:46:03 |
  • URL |
  • ミズキ #-
  • [ 編集 ]

コメント返信
>ミズキさん
せっかく008杉山さんなんだしせっかく009自体が復活したんだしですごいもったいないです
石森先生の原作漫画自体「読み終わってスッキリ!!」みたいな話じゃないってのは百も承知ですが

009も舞台挨拶行ったのかよー!斉藤さん三杉でしょ!

  • 2012/11/19(月) 01:12:34 |
  • URL |
  • 区路田 #j7kPgX2Q
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aoijitte.blog37.fc2.com/tb.php/969-4e439c1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。