海神ネプトゥヌスと青い十手

アニメとかガンダムとか好きなこと書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カワバンガー!!

お久しぶりです、区路田です
夏休みも残り1日となってしまいました
それはそうと、ジョエル・シュマッカー版のバットマン映画
「バットマンフォーエバー」と「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」を借りて見てみました

それぞれ感想
・バットマンフォーエバー
ロビンのサーカスでの衣装が原作版ロビンのスーツそのままなのが良いと思いました
そういう工夫は「キャプテンアメリカ(2011)」のずっと前からあったんですねえ
リドラーの高いテンションやトゥーフェイスの「ホホホホー!!」なんて笑い声はバートン版バットマンのジョーカーに影響されたものなんでしょうか
面白かったです

・バットマン&ロビン
いろいろ酷い言われようだったという前情報を得ていたのでそれを踏まえての観賞でした
バットクレジットカードに突っ込みつつ
「これは酷い!」なんて思うことなく楽しく見れまた
ただちょっと長かったかな?
この映画はべインも出るんですねえ、それは知りませんでしたw
本作ではもろトランスフォーマーのグリムロックのようなタイプで「ダークナイトライジング」とのギャップに笑いが
(べインはもともとそんなキャラクターでノーラン版が怖すぎた?)
「誰が何と言おうとべインくん、男の値打ちはガンのでかさで決まる」というフリーズのゲス台詞には爆笑してしまいました
すごくいいなあと思ったのがブルースがウェイン邸の廊下や窓を見ると、そこに幼き日のブルースと若いアルフレッドが浮かび上がる回想シーン
泣かせるな~!

・まとめてみて
有名なバット乳首、お尻や股間が協調されたバットスーツ、リドラーとトゥーフェイスの距離感(仲良すぎィ!)など
そういう部分は監督のジョエル・シュマッカー氏が同性愛者であることを公にしていると知り納得
いいゾ~これ
見てて思ったのがシュマッカー版のゴッサムはネオンの光がものすごく強いということ
記憶が正しければバートン版ゴッサムシティの夜はもうちょっと暗かった印象でした
それと対照的な、強烈な原色の光がこの2作では夜の街を照らします(目が痛い!w)
こういうネオンの光を見てると、昔を思い出しますね・・・
2作ともよく記憶に残る作品になりました
バートン版以降のバットマンはこの1年で全部制覇したぞ~!!

・・・シュマッカー版バットマン映画(ブルースの吹き替えが竹中直人)を見終えたうえで・・・
明日(今日)、使ってない前売り券で吹き替え版アベンジャーズを見に行きます!
いや~、「竹中直人はそれほど悪くない!」と再確認した上で本命とも言うべき吹き替え版を見に行きます
フォー!!ハルク、スマッシュ!
箱崎で放生会やってるしお参り行こうかな~!
出店で向井秀徳が付けてるお面売ってたら絶対買おう

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aoijitte.blog37.fc2.com/tb.php/948-0b62ba55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。